洗い物をする時にゴム手袋を着用することも

手湿疹になってしまった時の強い味方といえば、やはり「ハンドクリーム」ではないでしょうか。

洗い物をする時にゴム手袋を着用することも、手湿疹へのケア&予防に効果的な方法です。

手湿疹の症状としては「指先に水泡ができる」「痒い、あるいは痛い」「赤く腫れる」などがあり、あまりに症状が進行すると指の指紋がなくなってしまうこともあります。

別名「主婦湿疹」と呼ばれることもある手湿疹ですが、これは「水を使った洗い物が多い主婦がよくなるもの」と言われています。
とにかく、手湿疹の治療は「早めの対処」が何よりも肝心。

酷くならないうちに、適切な治療をすることが悪化させないことに繋がります。

今は市販のものでも「手湿疹にとても良い」とされるハンドクリームがたくさん販売されています。
どんなものでもそうですが、やっぱり手湿疹の「予防」は必要ですよね。
ここでは、そんな手湿疹に効く薬&ハンドクリームを挙げてみましょう。

手湿疹になってしまった場合は、上記に挙げた様な薬やハンドクリームを使うことも大事ですが、乾燥から指先を守ることも必要です。
インターネットで「手湿疹になってしまった」という人の体験談を見ると、「薬を塗った後、手袋をして乾燥を防いだ」などの工夫を見ることができます。

こうした簡単な工夫をするだけで、手湿疹の症状というのは軽くすることができるものなのですね。

この手湿疹、放置しておくと症状がどんどん悪化してしまう可能性がありますので、蒸気に挙げた様な症状が指先に見られた場合は要注意です。
大手通販サイト「楽天」でも販売されている軟膏で、ちょっと硬い薬の様です。
酷くならないうちに手湿疹を治療してしまいましょう。

⇒⇒メンソレータム



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。